前へ
次へ

行政書士試験について

行政書士試験は毎年11月頃に行われます。択一式と記述式に分かれているので記述の対策をするのが大変です。択一式では憲法、民法、行政法、商法、一般知識などが出題され、記述式では民法、行政法から出題されることが多いです。合格基準点は試験全体の得点が300点満点中180点以上とれていれば良いのですが、法令科目も122点以上、一般知識も24点以上とれていなければいけません。そのため、できるだけ失点は抑えるべきです。特に一般知識は手薄になりがちな分野であるにもかかわらず、24点以上とれていないと合格できないところが試験の難易度を上げているでしょう。ただし、合格定員はないので点数だけとれてしまえば合格できる試験でもあります。

top用置換

top用置換2
Page Top